チャイルドシートの義務付けは何歳から?

チャイルドシートの義務付けは何歳から?

お子さんと一緒にドライブに行く時にしっかりとしておきたいのがチャイルドシートです。
今では、全家庭でチャイルドシートの取り付けが義務付けられています。
では、チャイルドシートはいつからいつまで取り付けなければならないのでしょうか。

 

チャイルドシートの義務付けがいつからいつまでかというと、具体的には0歳時から6歳未満の子供に取り付けという事となっています。
法律であくまで定められているのは6歳未満までと言う事ですね。

 

しかし、いつからいつまでと法律でいっても6歳を過ぎてからも体が小さい子供にはまだまだ、普通のシートベルトを付けても意味が無い場合もあります。
そういった場合は、親の判断でチャイルドシートを装着しなければならないでしょう。

 

 

チャイルドシートを付けないと警察に見つかったら、ペナルティーも科せられますし、事故にあった場合車内のお子さんも非常に危険です。
ちょっとしたブレーキでも軽いお子さんは、反動で全席シートをすりぬけて飛ばされてしまう可能性があります。
万が一のためにも、しっかりとチャイルドシートは義務として取り付けましょう。