チャイルドシートの種類

チャイルドシートの種類

チャイルドシートとひと口に言っても、子供の年齢によって、大きくわけると3種類あります。
それらは、ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートです。
だからと言って、厳密にこれらの3種類でチャイルドシートが区別されて売られているわけではありません。

 

それぞれの商品によって、対応する年齢が変わってきます。
チャイルドシートと呼ばれていても、実際は生まれたばかりの乳児から4歳児まで使えるものもあります。
また、乳幼児専用で使えるもので、そのままシートの外を外して、キャリーとして、使えます。

 

その場合は、キャリーをベビーカーに取り付けて、そのまま眠っている赤ちゃんを移動することも出来るようになっていますので便利です。
乳幼児専用が終わると1歳児から使えるシートに変えて、4歳くらいまで使うか、乳幼児から4歳まで使って、その後に椅子のみの簡単なチャイルドシートに変えるようにするのもいいでしょう。
このような種類がありますが、どの種類を使うかは、それぞれの事情が好みで決めてもいいでしょう。