チャイルドシートの位置

チャイルドシートの位置

チャイルドシートをしっかり取り付けることは大変重要なことですが、チャイルドシートを取り付ける位置も注意が必要です。
まず、子供は前の座席ではなく、出来る限り後部座席に座らせることをおススメします。
確かに、助手席では視界も開けて、次々に変わる景色を見ながら、それほど退屈しなくて済むかもしれません。

 

しかしながら、助手席にはエアバックが取り付けられていることが多いので、大変な危険が伴うのです。
何が危険かと言うと、何かの衝撃でエアバックが作動した場合、大人と違って、子供は身体が小さいので、エアバックを顔全体にまともに受ける可能性は十分あります。
そのような状態になったら、窒息してしまい、最悪な状態になることもあります。

 

また、後部座席にチャイルドシートを取り付けることをお勧めしますが、外して遊ばせてしまう親も見かけます。
もし仮に、その間に事故に遭えば、死亡に至る可能性は、シートベルトをしているのと比較すると、3倍にもアップするそうです。
あるいは、そのまま衝撃を受けて、子供が窓から放り出される危険性もあります。
大切な子供を守るために、シートは100%着けることを守りましょう。