チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方は、それぞれの生活様式に合わせましょう。
例えば。友達がもっているチャイルドシートを自分も買おうと考えても、実際はその友達と生活様式が異なるでしょう。
年齢が1歳違いの子供がいるのに対して、友達は6歳も年齢が離れた子供いる家庭なら、チャイルドシートも友達と違うものになるでしょう。

 

チャイルドシートは、値段もまちまちですが、それぞれ安全性も値段によって、段階があるでしょう。
しかし、それほど気軽に買える値段ではありませんので、慎重にしかし効率よく入手することがポイントとなります。
タイプとしては、乳児用のみ、1歳から4歳まで、0歳から4歳まで、1歳から10歳から、中には0歳から10歳まで使えるものもあります。

 

例えば、年齢が1歳しか離れていない子供がいる場合、最初乳幼児専用を購入し、1歳後は乳児専用はその後の乳児に与え、年上の子供に1歳から4歳用を購入するかもしれません。
年齢が離れた子供であれば、おさがりで済む場合もあるでしょう。
両親がそれぞれの車を使っている場合は、取り外し忘れてしまったり、面倒だったりするので、便宜上、一人の子供でもふたつ必要があるかもしれません。