チャイルドシートアセスメントについて

チャイルドシートアセスメントについて

大切な子供をしっかり守るために、市販のチャイルドシートを選ぶ際、「前面衝突試験」と「使用性評価試験」の評価も基準にするとよいでしょう。
「前面衝突試験」とは、時速55キロで前面衝突した際に、どれだけ子供が衝撃を受けるのかをダミーを使用してテストして、その結果を「優」「良」「普通」「推奨せず」の段階を用いて評価しています。
また、「使用性評価試験」では、購入者が誤った使い方をしないように防ぐために、次のことを評価します。
取り扱い説明書の内容、本体の表示方法、機構の性能について、座席の取り付け方法、そして、着座性についてです。

 

これらは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が試験を行い評価を設置しています。
大切な子供をしっかり守るためにも、チャイルドシートの設置と正しい使い方を知って、それを実行することが大変重要となります。
このチャイルドシートアセスメントも購入する上での参考となり、出来る限りの安全性の試みとなることでしょう。