チャイルドシートの締め方

チャイルドシートの締め方

せっかく安全性の高いチャイルドシートを買ったところで、その乗せ方が正しくなければ、安全性はそこで損なわれてしまいます。
例えば、チャイルドシートに赤ちゃんと乗せたときに、まずシートベルトが緩い状態になっていることを確認します。
そして、その状態で赤ちゃんをシートの中心に乗せてください。
中心と言うのは、そのシートの一番深い位置のことです。

 

そして、まず肩ベルトをおろして、肩にしっかりかけますが、その時、ねじれがないかも確認してください。
確認後、バックルにはめますが、カチッと音がするまで差し込みます。
差込みをしても、カチッと音がしないのは、まだしっかりとはまっていませんので、注意深く確認しましょう。

 

そして、チャイルドシートのショルダーパットの位置を調整します。
その後、バックルを再度引いてみて、きちんと差し込んであるかを確認して、ベルトのアジャストメントをします。
全体がたるんでいたら、少しずつ引いて直しますが、鎖骨と肩ベルトに指を1本いれてみて、きつすぎないか、あるいはたるみすぎていないか等をチェックしましょう。