タイプ別のチャイルドシート

タイプ別のチャイルドシート

チャイルドシートには、専用タイプと兼用タイプがあります。
専用タイプとは、その年齢にあったチャイルドシートで、乳児用(新生児から1歳)、幼児用(9ヶ月から4歳)、学童用(3歳から11歳)となっています。
それぞれの年齢がきたら、買い換えてゆくタイプです。

 

兼用タイプとは、これらの時期に買い換えるのではなく、時期がだぶっても、そのまま使えるチャイルドシートです。
これらのタイプを選ぶにあたって、それぞれのメリットとデメリットがあります。
それらを知った上で、自分の環境に合わせて選ぶことをお勧めします。

 

値段から見れば、兼用タイプはそのまま長い期間使用できますので、確かにコスト的にも安く利用できます。
しかし、デメリットもあります。
専用タイプは、その逆にコストが高くついてしまいます。

 

さまざまな情報や口コミなどをチェックしてみましょう。
人それぞれによって、意見が分かれますので、その中から、ベストなタイプを選ぶようにしましょう。