タイプ別チャイルドシートのメリットとデメリット

タイプ別チャイルドシートのメリットとデメリット

確かにコスト的に考えると、専用タイプより兼用タイプのチャイルドシートのほうが費用もセーブすることが出来ます。
ただし、安全面から言えば、専用タイプを推奨する人も結構多いようです。
その理由は、年齢にあったチャイルドシートを使うので、その分安全性に信頼があるのです。

 

また、専用タイプは使い勝手がよかったり、重量も軽いものが多いという評判もあります。
一方、兼用タイプは、例えば、乳児から幼児まで、あるいはそれ以上の期間使えてしまうものがあります。
長い期間を通して使えますので、コスト面は助かりますが、その分いろいろな機能が装備されていることで、重量が重くなります。

 

特に乳児に関しては、チャイルドシートごともって買い物に行くこともありますので、できるだけ軽いタイプがほしいところですが、幼児用も兼ねていれば、重くなることが多いでしょう。
また、装着がそれほど簡単でない場合もありますので、これらのメリットとデメリットをよくチェックして購入されるようにしてください。