自転車チャイルドシート

自転車チャイルドシート

チャイルドシートと言っても、車用だけでなく、自転車を利用する人は自転車用も安全なものを選ぶべきです。
自転車用のチャイルドシートは、前乗せと後ろ乗せがあります。
後乗せを選んだ場合、とにかく後ろの子供を常に気にしていないといけませんから、幼児ですと前乗せのほうを選ぶ人もいるでしょう。

 

しかし、前に乗せると風が子供の顔に直接あたり気になるという親もいます。
好みもありますので、どちらがよいかは個人によって異なります。
しかし、子供が3歳以上になると、いずれにしろ後乗せタイプのチャイルドシートになるので、最初から後乗せタイプのチャイルドシートを使う人も多いのです。

 

要は、子供の安全が確保されれば、どちらでも問題はないということでしょう。
自転車用のチャイルドシートを購入する時にいくつかチェック事項があります。
乗車の際にヘルメットをかぶせても、安全は不十分と考えられますので、「頭部のガード」があるか確認しましょう。

 

また、「車輪巻き込みカバー」も、子供の足が車輪に巻き込まれないように防護カバーをチェックしてみます。
さらに、両立スタンドの「ドレスガード」が装備されているかの確認もしてください。